月別アーカイブ: 2018年3月

弁護士業務の流れ

Published / by admin

ヤミ金業者への対処を弁護士にお願いした場合、まずはヤミ金業者へ弁護士が介入したということを知らせる文書、「受任通知」を送ります。受任通知の内容としては、取り立て行為をやめることやすでに被害者が支払った弁済額を返すように書かれています。このことにより、ヤミ金業者が債務者に接触することが不可能になります。

ヤミ金被害
画像引用元 {債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

たいていのヤミ金業者は、違法行為の裁判や刑事事件になることを恐れて受任通知が来た時点で取立てをやめたり、今まで払いすぎた利息の返還に応じてくれます。しかしながら、なかにはこれを無視するヤミ金業者もあります。そういった場合は、弁護士が取り立て行為や違法行為をやめるまで何度もアプローチします。時には裁判などの法的手続きも考えながらそのような措置を行うことで、大ごとになる前に解決します。

また、ヤミ金業者の法外な金利での貸し付けは法律上無効になり、貸し付けたお金を被害者が弁済するという法的な義務は法律上ありません。そのため、元本分も含めてすべて返還を要求することができます。ヤミ金業者の不正に取得した他人の口座を利用していますので、振り込め詐欺救済法でも口座凍結ができ、返還を求められますので、弁護士に相談するのがよいでしょう。

弁護士のメリット

Published / by admin

頭抱えるヤミ金業者と関わると、返済が終わることはありません。加えて執拗な取立てや嫌がらせが行われますので、精神的に参ってしまい、自殺までする人も珍しくないでしょう。そういったときに有効なのは、ヤミ金業者に対応している弁護士にお願いすることです。

ヤミ金業者自体が違法な金利で貸し付けていますし、取り立ての多くは法律に違反した行為ですので、警察に言えばよいと思う場合もあるでしょう。しかしながら、警察は大きな事件にならないと動かないことも多く、対応を待っている間に嫌がらせが激化することも考えられます。

弁護士という法律の専門家なら、違法な取立ても直ちに対処してくれます。たとえば、弁護士にはヤミ金業者の行っている違法行為に対して、即裁判にもちこめる体制があります。裁判となると、ヤミ金業者の違法な取り立てが発覚するだけでなく、貸金業法に違反していることにもなるので、懲役10年もしくは3000万円の罰金、その両方といった大きな罪になります

そのような裁判を起こされてはヤミ金業者自体が成り立ちませんので、まったく割に合わないことになります。また、弁護士に対応を任せた場合、ヤミ金業者は債務者に対して取立てを目的とした接触を禁止されます。ですので、取立てに悩まずに済みます。

ヤミ金業者とは

Published / by admin

ヤミ金業者とは、違法な金利や取立てをする業者だと思われるのですが、これらの業者は国や都道府県に貸金業として登録をしておらず、業務自体が違法な行為です。お金を貸して利益を得るためには、貸金業法に基づいた手続きを行い、登録をしなければならないのですが、まずヤミ金業者はそれがなされていません。

お金ヤミ金業者はごく簡単な審査でお金を貸してくれます。電話一本で融資をしてくれますし、甘い宣伝文句で、すぐにお金が必要な人を勧誘します。現在では、法律で1年間に約20パーセントの金利と決められているのですが、ヤミ金業者はその制限を無視してお金を貸し出します。たとえば、10日で1割といういわゆる「トイチ」と呼ばれる金利を設定してきたりします。これは、1年間で3600%にもなりますので、とても高い金利です

そのほかにも、お金を返しても返済したことにならない、借りた額の10倍の取立てをするなど、法律を順守していないのですごい金額になります。ヤミ金業者の怖いところはそれだけではありません。自宅や家族への執拗な取立て、会社への嫌がらせ、近隣を含む自宅周辺の嫌がらせ、恫喝や脅迫などです。ほとんどの人は精神的に追い込まれます。

ヤミ金借金の対応

Published / by admin

借金をするとき、きちんとした金融機関であれば法定金利での貸し出しを行います。ですが、なかには法外な利息でお金を貸し、借金を取り立てるヤミ金と呼ばれる金融会社があります。ヤミ金の厄介なところは、もちろん法外な高金利であることですが、返せないとなると会社に執拗に電話をしたり、家に取立てに着たりするため家族にも迷惑がかかります。

ヤミ金に手を出してしまったら、自分で返そうと思ってももはやそれは不可能と思ったほうがよいです。なぜなら、金利がとても高いということももちろんですが、そもそもヤミ金で借金をするような人は銀行などで借金ができない状態になっていますので、それだけ返せなくなります。

携帯しかしながら、借金をする際の金利は法律で決められていますので、ヤミ金に万が一手を出したとしてもその業者の言いなりになってすべて返還しなければならないということはありません。もちろん、ヤミ金に借金をしないことがもっともよいのですが、そうならなかった場合も対処の方法はあります。

ヤミ金業者の違法な取り立てをやめる方法として最も有効なのが、弁護士にお願いすることです。弁護士の中には相談料は無料という業者も少なくありません。法律に詳しい人が表に出てきた場合、ヤミ金業者もそれなりに対応しなければなりませんし、取立てなどに違法行為があった場合、裁判にすることもできるからです。精神的なダメージを受ける前に、専門家に相談するのが良いです。